米国株推奨銘柄

①Butterfly Network A

バタフライネットワーク (Nasdaq,BFLY)

設立、2020年2月

本社、コネチカット州ギルフォード

企業、デジタルヘルス

医療画像の民主化を目指し、小型のハンドヘルド全身超音波システム「ButterflyiQ」「ButterflyiQ +」の開発に従事する医療テクノロジー会社

iPhoneやAndroidの端末に接続できる事で出張先で使用可能

現在までに8万台以上の「ButterflyiQ」と「ButterflyiQ+」を販売

片手サイズで300gほどの超コンパクト機器

従来型の全身超音波機器は数百万円から1千万円と高額の商品

バタフライネットワークはポケットサイズで20万円程と従来型の全身超音波機器と比べて破格の値段で入手する事が可能

将来性はAIと医療の2つの分野でこれからも伸びてくるのではないかと

バタフライネットワークに期待

Butterfly Network A

現在価格 $1.02

②Rivian Automotive A

リビアンオートモーティブ (Nasdaq,RIVN)

設立、2009年6月

本社、カリフォルニア州アーバイン

企業、自動車テクノロジー企業

アマゾンやフォードが出資する電気自動車EVメーカー車両テクノロジープラットフォーム企業

IPOの際には公募価格78ドルで1億5300万株を発行し上場直後にものすごい注目を集め高騰

約120億ドルの超大型IPO規模で2021年最大で過去6位の記録に残るIPOとなった

リビアンオートモーティブはピックアップトラックのEV開発と販売に特化している

日本では人気がないSUVタイプのピックアップトラックだが米国では非常に人気が高い

主力商品は2列5人乗りのピックアップトラック「R1シリーズ」

リビアンオートモーティブはアマゾンの創業者ジェフベゾスが絶賛して注目を集め、全体の約18%の株を保有している

さらにアマゾンは電動配送車をすでに10万台発注した

すでにリヴィアンオートモーティブの電動配送トラック「EDV」はアメリカの100以上の都市で利用されている

将来性は今後のEV自動車の発展と配送業がなくならない事、なんといってもAmazonが大きな背景にある事などから期待できると思われる

Rivian Automotive A

現在価格 $15.98


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です